Radiation Effects Research Foundation - 放影研

Radiation Effects Research Foundation - 放影研 Learn about information concerning RERF's research into the health effects of the Hiroshima and Nagasaki atomic bombings. Visit the official site at - http://www.rerf.or.jp
(8)

The Radiation Effects Research Foundation is the successor of the Atomic Bomb Casualty Commission. It was established in 1975. It is a binational organization run by both the United States and Japan.

【English below】明けまして、おめでとうございます。   本年もよろしくお願いいたします。放影研は、前身のABCC時代から、被爆者をはじめとする多くの方々のご協力のもと、広島、長崎の原爆による放射線が健康に与える影響を調査してき...
01/01/2020

【English below】
明けまして、おめでとうございます。   
本年もよろしくお願いいたします。

放影研は、前身のABCC時代から、
被爆者をはじめとする多くの方々のご協力のもと、
広島、長崎の原爆による放射線が
健康に与える影響を調査してきました。

だからこそ、まだまだ社会に浸透して
いない放射線のリスクの実態について
お伝えしていかなければなりません。   
研究で成果を求めながら、
社会にきっちりとした放射線に
関する情報を発信していくことも
我々の使命だと考えています。

そして、原子爆弾が投下され75年を
迎えようとしている今、
これからの研究所の在り方を
あらためて検討しているところです。

あらためまして、
本年もよろしくお願いいたします。

Happy New Year!
With the cooperation of A-bomb survivors and many others, RERF has researched health effects of radiation from the atomic bombs in Hiroshima and Nagasaki since our predecessor organization, ABCC, initiated the work in 1947.

RERF has a responsibility to communicate to the public about radiation risks, knowledge that is not yet widespread in society. We believe our mission is to provide accurate radiation information to the public as we conduct our research on radiation health effects. This year, 75 years after the atomic bombings, we aim to reimagine our future as the world’s leading radiation research institute.

We at RERF look forward to everyone’s continued goodwill in 2020 and offer our best wishes for a year filled with peace, good health, and happiness.

【English below】放影研の研究の特徴は、原爆が人の健康にもたらす後影響(長期的な影響)にあります。その結果は、私たちの日常の様々な場所で活用されています。                                     ...
20/12/2019
被爆者における後影響 – 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF

【English below】
放影研の研究の特徴は、原爆が人の健康にもたらす後影響(長期的な影響)にあります。その結果は、私たちの日常の様々な場所で活用されています。           
                                       
レントゲンやCTスキャン、放射線治療といった医療現場での
技術等が、その代表的なものです。当然、放射線業務に従事する
方々の防護基準もその一例です。飛行機に乗った際、宇宙から降り
注ぐ放射線を地上よりも10倍多く浴びることをご存じですか?
我々が安心して飛行機で移動できるのも、
放射線防護の基準があるからです。
                                       
放射線から身を守る基準が定められていることにより、
私たちが無意識に受けている恩恵は、多々あります。
そして、忘れてはならないのは、そのほとんどは、広島、長崎の
被爆者の皆様に研究にご協力いただいたお陰だということです。
世界の放射線防護の基準は、広島・長崎の被爆者の皆様のデータが、
ベースになっています。

被爆者における後影響(放射線影響研究所ホームページ)
https://www.rerf.or.jp/programs/roadmap/health_effects/late/



One important feature of RERF research is the study of long-term effects from A-bomb radiation on human health. The results from this research are used in various places in our daily lives.

Some examples include protection standards for medical technologies such as X-rays, CT scans, and radiotherapy. Another case are standards for people who work with radiation. Did you know that when you fly in an airplane, you are exposed to roughly ten times more radiation than you are when on earth? With that said, though, air travel can be done without worrying too much about radiation because such standards protect passengers and airline staff—all of us.

We have unknowingly received many benefits from such standards, and we must never forget that the cooperation of A-bomb survivors in our studies brought about this enhanced safety. In this way, Hiroshima and Nagasaki A-bomb survivors’ data are used everywhere for the benefit of people throughout the world.

Learn more about late health effects in A-bomb survivors at the following URL:
https://www.rerf.or.jp/en/programs/roadmap_e/health_effects-en/late-en/

放射線影響研究所(放影研)は、平和目的のために、原爆放射線の健康影響について調査する日米共同研究機関です。

【English below】先日、第9回被爆二世臨床調査科学倫理委員会を開催しました。放射線影響研究所は、ABCC時代も含み、大きく分けて、5つの被爆二世に関する調査を行ってきました。写真の表はその一覧です。この度開催した委員会は、⑤生活...
11/12/2019

【English below】
先日、第9回被爆二世臨床調査科学倫理委員会を開催しました。

放射線影響研究所は、ABCC時代も含み、大きく分けて、5つの被爆二世に関する調査を行ってきました。写真の表はその一覧です。この度開催した委員会は、⑤生活習慣病の健診にあたる「被爆二世臨床調査」の調査の進捗状況を外部の有識者の方々に報告し、アドバイスをいただくためのものです。

ホームページに今回の委員会の概略をアップしました。
https://www.rerf.or.jp/information/00009012-2/

The 9th Meeting of the Scientific and Ethics Committee for the Clinical Study of the F1 Offspring of A-bomb Survivors was held at RERF on November 26. Including the ABCC era, RERF has conducted generally five studies of the offspring of A-bomb survivors, which are listed in the following table. The purpose of the gathering is to report to community leaders about our clinical examination of lifestyle diseases, item number 5 in the table. At the meeting we reported on the progress being made on this lifestyle-disease review to the committee members and, in turn, received important advice.

For more information about the committee, please click on the following URL: https://www.rerf.or.jp/en/information/00009012-3/

【日本語は下にあります】One in a series of Hiroshima Peace Forum talks was held on November 16 by the Hiroshima Peace Culture Founda...
05/12/2019

【日本語は下にあります】
One in a series of Hiroshima Peace Forum talks was held on November 16 by the Hiroshima Peace Culture Foundation, Hiroshima City, and Hiroshima City University. This annual program, held for the 16th time this year, provides opportunities for citizens to think about, and take action on, topics such as the atomic bombings and peace.

“I aimed at having participants understand what happens when radiation hits our bodies, rather than them vaguely fearing radiation,” said Dr. Asao Noda, Chief of RERF’s Molecular Biosciences Department and a speaker at the forum. He added, “I hope the audience could grasp what health effects are observed at what doses. It is also important to know that low-dose health effects are indistinguishable from those caused by radiation in nature.”

去る11月16日に、広島平和文化センターが主催し開催された「ヒロシマ・ピースフォーラム」。市民が、原爆や平和について考え、どのように行動していけばよいかを探求する機会を提供する講座です。

「放射線を漠然と怖がるのでは無く、まずは放射線が私たちの体にあたったときに何が起こるのかと言うことを理解して頂く事をめざしました」。このフォーラムで講師を務めた、放影研、分子生物学部部長の野田のコメントです。
「どれくらいの被ばく線量のときにどれくらいの身体影響が認められたかという点について、皆さんがイメージを共有してくださると有り難いです。低い線量の時は自然界からの被ばくと区別がつかなくなると言うことも大切です。」

【English below】特に、地元の皆さんには、放影研のことをもっとお伝えしなければ、と思っています。わかりうる限りの過去についてお話しします。そして、被爆者の皆様のご協力で、ABCC、放影研が行ってきた研究の内容も是非、知ってほしい...
28/11/2019

【English below】
特に、地元の皆さんには、放影研のことをもっとお伝えしなければ、と思っています。わかりうる限りの過去についてお話しします。そして、被爆者の皆様のご協力で、ABCC、放影研が行ってきた研究の内容も是非、知ってほしいと思っています。世界の放射線防護に関する基準を策定することに、放影研は大きく貢献してきました。

At RERF, we think we need to speak more extensively, particularly with the local communities, about the kind of work we do here. We are perfectly willing to explain our past to the extent possible. At the same time, we hope the public learns about the research activities and findings that have been conducted by both ABCC and RERF. In that way, it will become clear that RERF has consistently contributed to the development of global radiation protection standards.

♯落合歴史研究会
♯つむぎ屋
♯広島市立広島中学
♯放射線影響研究所
♯放影研

♯Ochiai History Study Group
♯Tsumugiya
♯Hiroshima Municipal Hiroshima Secondary School
♯RERF

【English Below】放影研には、修学旅行、研修旅行の生徒さんが一年を通して絶え間なく、来所されます。その際、引率の先生が仰る言葉には、ほとんどの学校で共通している部分があります。                  「平和とは何か、...
25/11/2019

【English Below】
放影研には、修学旅行、研修旅行の生徒さんが一年を通して絶え間なく、来所されます。その際、引率の先生が仰る言葉には、ほとんどの学校で共通している部分があります。 
                 
「平和とは何か、
自分で考える力をつけてほしい」    

自ら考える。    

放影研が少しでもそれにお役に役立てれば。それを意識して、ご案内するよう心がけています。

Many students on school excursions visit and tour RERF continuously throughout the year—though most of the visits are designed to learn about peace. Almost every teacher that chaperones students during their time at RERF leaves us with some words in common.

That is, they hope that students learn to develop an ability to think about the meaning of peace on their own.

Think for themselves… RERF hopes it can help as much as possible, and we try to guide students here with that in mind.

【日本語は下にあります          Thanks to cooperation from the A-bomb survivors, RERF’s research has been recognized as having no e...
22/11/2019

【日本語は下にあります          
Thanks to cooperation from the A-bomb survivors, RERF’s research has been recognized as having no equal anywhere, because we are the only organization where such large-scale and elaborate research has been conducted on radiation health effects. Therefore, many trainees and visitors from all over the world frequently come to RERF. The following is a list of those who visited us recently.

被爆者の皆さんのご協力のお陰で、放影研の研究は、世界でも類をみない大変貴重な存在になっています。放射線が健康にあたえる影響を大規模かつ緻密に研究している場所は、ここしかありません。世界各国からの研修や視察が絶えないのはそのためです。ここ最近、下記の皆さんが、来所されました。

♯UniversityofWashington
♯IPPNW
♯JAEANuclearNonproliferationandNuclearSecurity
♯UnitedNationsProgrammeofFellowshipsonDisarmament
♯JapanAnti-TuberculosisAssociation
♯JICA
♯NagoyaUniversityYLP
♯HiroshimaUniversitySchoolofDentistry
  
♯ワシントン大学
♯核戦争防止国際医師会議
♯日本原子力研究開発機構
♯国連軍縮フェローシップ・プログラム
♯結核予防学会
♯名古屋大学YLP
♯広島大学歯学部
♯放射線影響研究所
♯放影研

International Commission on Radiological Protection (ICRP)
21/11/2019

International Commission on Radiological Protection (ICRP)

Canadian Astronaut Dr Robert Thirsk opens the “Mars” day for #ICRP2019. We’re looking forward to continuing our work with the space community and advancing radiological protection in space travel!

つむぎ屋
19/11/2019

つむぎ屋

【つむぎ屋の社会見学】放射線影響研究所に行きました

11月15日金曜日、晴。
8名の参加者の皆さんと一緒に、放射線影響研究所を訪れました。

広報担当の西岡さんに、とても丁寧に解説をして頂きました。

放射能影響研究所は比治山にある研究所で、1945年広島長崎に原爆が投下されてからアメリカと日本によって運営されてきました。運営開始当初はABCCとして被爆者を対象とした調査研究が開始され、広島の人たちにとっては、強制的に調査されたり、研究対象とされることに抵抗を感じることもあったりと、反省すべき点はあると認めながら、
現在は、これまでの調査によって国際的に人々の安全に寄与したいとの一心で努力し続ける研究者の皆さんの姿を垣間見ました。

それから、被爆者の皆さんに調査をさせて頂けたおかげで今の研究があること、罪悪感や複雑な感情を持つ職員さんもいるということ、それでもなお、研究機関として、人々の福祉や安全に貢献するためにやらねばならないこと/いわねばならないことがある、との覚悟を感じる2時間でもありました。

被爆者でなくても語り継がねばならないことがある、という熱意をここでも感じるのでした。それぞれの役割を持って、いい未来を創出しませんか、という西岡さんの投げかけにはグッとくるものがありました。

そもそも放射線って何?という初歩的な疑問から、
原子爆弾による放射線がどの程度人体に影響を与えたのか、
遺伝的な影響はあるのか、
原発事故があったとき、放影研の研究はどのように貢献できたのか、等
多岐に渡る質問に丁寧に答えて頂きました。

私自身も「放影研」「ABCC」と聞くだけでは否定的なイメージを持ってしまったり誤解していたことも多いなぁと思いました。冷静に当事者と出会うことで気づけることがありますね。日米の間に立って踏ん張っている職員・研究者の皆さんに感謝します。

なかなか2時間では時間もたりず、、、まだまだ聞きたいこともたくさんあるので、また企画しようと思います。

それから、放影研への見学はいつでもウェルカムだということでした!是非連絡して訪れてみてください。

放影研のFBpageはコチラ→https://www.facebook.com/Radiation-Effects-Research-Foundation-%E6%94%BE%E5%BD%B1%E7%A0%94-1484115061815543/

放影研のtwitter はコチラ→https://twitter.com/RERFsince1975

【English below】先日、分子生物科学部顧問の中村典が、平和記念資料館の被爆体験継承活動に係わるボランティア・スタッフの皆さん、約130人の研修で講演をしました。事前にアンケートを行い質問数が多かった「原爆放射線による人体への影響...
28/10/2019

【English below】
先日、分子生物科学部顧問の中村典が、
平和記念資料館の被爆体験継承活動に係わる
ボランティア・スタッフの皆さん、
約130人の研修で講演をしました。

事前にアンケートを行い質問数が多かった
「原爆放射線による人体への影響(がんと遺伝)」「残留放射線について」「被爆二世への影響・調査について」といった話題が、講演の中心。

こういった機会を
もっと増やしていきたいと
考えています。

On October 19, Dr. Nori Nakamura, consultant at RERF’s Molecular Biosciences Dept., gave a lecture to about 130 volunteer staff of the Hiroshima Peace Memorial Museum whose aim is to keep alive the A-bomb experience by passing on such stories to the public.

Dr. Nakamura’s lecture focus involved what RERF has found in terms of effects of A-bomb radiation on human health (cancer and heredity), residual radiation, and studies of effects on the children of A-bomb survivors. These themes comprised the most frequently asked questions in a questionnaire conducted by RERF prior to the lecture.

In this way, RERF hopes to increase its contributions to society.

【日本語は下にあります】The 16th International Congress of Radiation Research (ICRR) 2019 was held in Manchester, England, August 25...
26/09/2019

【日本語は下にあります】
The 16th International Congress of Radiation Research (ICRR) 2019 was held in Manchester, England, August 25-29. This comprehensive conference on radiation sciences is held every four years. Many RERF researchers participated in the conference. For more information about the Manchester meeting, please click on the following URL: http://icrr2019manchester.com/

#RERF
#RadiationResearch
2019年8月25-29日、イギリス、マンチェスターで開催された国際放射線影響会議2019、the 16th International Congress of Radiation Research(ICRR2019。4年に1度開催される、放射科学の包括的会議です。放影研からも多くの研究者が参加しました。

会議の詳細は、下記URLで。
http://icrr2019manchester.com/

住所

広島市南区比治山5-2
Hiroshima, Hiroshima
732-0817

一般情報

This is the official page of the Radiation Effects Research Foundation. About - The Radiation Effects Research Foundation (RERF) investigates radiation health effects of the Hiroshima and Nagasaki atomic bombings to benefit and inform, on a global basis, atomic bomb (A-bomb) survivors and the general public, as well as other radiation-exposed persons. Mission- The primary aim of RERF is to conduct research and studies for peaceful purposes on the health effects and diseases associated with radiation exposure in humans. This research is undertaken in order to contribute to the maintenance of the health and welfare of the A-bomb survivors and to enhance the health of all humankind. General Information - RERF is a Japan-United States collaborative research institute. It was established in 1975 to carry on the work of the Atomic Bomb Casualty Commission (ABCC), which was founded in 1947 as a research organization with the same mission and managed and funded exclusively by the United States. To ensure that the current institute is a true collaboration, RERF receives funding from both governments, is managed by a binational board of directors, and is guided scientifically by a binational scientific

電話番号

81-82-261-3131

ウェブサイト

アラート

Radiation Effects Research Foundation - 放影研がニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

事業に問い合わせをする

Radiation Effects Research Foundation - 放影研にメッセージを送信:

ビデオ

カテゴリー

健康・美容事業付近


医療・健康のその他Hiroshima

すべて表示