Hiroshima Chuoh Helth Cooperative

Hiroshima Chuoh Helth Cooperative 私たちは「保健・医療・福祉」の事業を通じて、地域の皆様と一緒に「あかるいまちづくり」に取り組んでいます。
(3)

第15回子育て応援企画のお知らせです2020年2月29日(土)生協けんこうプラザ5階にて「劇団風の子 ソノヒカギリ美術館」の演劇鑑賞をします要申し込み 入場は無料ですご家族で鑑賞できます申し込みお待ちしておりますお申し込み、お問い合わせ等は...
29/01/2020

第15回子育て応援企画のお知らせです
2020年2月29日(土)生協けんこうプラザ5階にて
「劇団風の子 ソノヒカギリ美術館」の演劇鑑賞をします
要申し込み 入場は無料です
ご家族で鑑賞できます
申し込みお待ちしております

お申し込み、お問い合わせ等は
広島中央保健生協 組合員活動推進課担当者まで
☎082-532-1264 ✉[email protected]

外部サイト「劇団風の子」
http://www.kazenoko.co.jp/infantwork/sonohikagiri.html

おかげさまで、けんこうチャレンジ2019が終了しました。今年度2,956件と昨年を上回る多くの方にチャレンジ報告カードを頂きました。ありがとうございました。組合員さんもそうでない方も「楽しく健康づくりにチャレンジ」されたと思います。本日、来...
28/01/2020

おかげさまで、けんこうチャレンジ2019が終了しました。
今年度2,956件と昨年を上回る多くの方にチャレンジ報告カードを頂きました。ありがとうございました。
組合員さんもそうでない方も「楽しく健康づくりにチャレンジ」されたと思います。
本日、来年度に向けた第1回実行委員会が広島県生活協同組合連合会で開催されました。
みなさま、来年度も「楽しく健康づくり」しましょうね~(^^♪

15/01/2020

1月29日(水)13:00から
生協けんこうプラザ5階会議室にて
2019年度「いのちの章典」実践交流会が開催されます。
日ごろの活動報告や交流を通じて、参加者全員が元気の出る交流会です。ぜひ、ご参加ください。
参加申し込み・詳しい内容のお問合せは組合員活動推進課にお願いします。

広島中央保健生協65周年、コープ五日市診療所25周年、生協さえき病院15周年記念映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」上映会2019年12月8日(日)広島市佐伯区民文化センターにて映画「ぼけますから、よろしくお願いします」の上映会を開...
13/12/2019

広島中央保健生協65周年、コープ五日市診療所25周年、生協さえき病院15周年記念
映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」上映会
2019年12月8日(日)広島市佐伯区民文化センターにて映画「ぼけますから、よろしくお願いします」の上映会を開きました。来場者は693人!

冬空広がる12月8日、広島市佐伯区民文化センター大ホールにて、「広島中央保健生協65周年、コープ五日市診療所25周年、生協さえき病院15周年記念 ホップ!ステップ!ジャンプ!!で、けんこうづくり。映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』上映会」(主催:周年記念実行委員会)を開催しました。
6月より準備を開始して半年、実行委員の心は不安と期待が入り混じっていましたが、開場30分前には長蛇の列が出来上がり、慌てて20分繰り上げて開場。不安な気持ちは吹き飛んでいきました。
広島の呉で暮らす老夫婦。認知症の妻と家事に悪戦苦闘する夫。そこにあったのはお互いを思いやる気持ちでした。来場した693名は、夫婦の会話に笑い、思いやりに涙しました。
生協が目指す「ともにいのちを大切にし、みんなが健康で安心して暮らせる社会づくり」に通じる映画だったのではないでしょうか。
今回の取り組みは、組合員、職員が一体となって準備を進め、チケット普及のための地域回り、病院玄関での声掛け行動、当日の運営など、全員が一生懸命に取り組みました。みんなの頑張りが今回の成功につながったのは言うまでもありません。ご協力頂いた皆様、来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。

実行委員長 花岡和子

[ 生協こどもまつり2019に250人! ]11月17日生協けんこうプラザにて「生協こどもまつり2019」が開かれました。天候にも恵まれ、10時から14時まで、こどもと大人総勢250人が一緒に楽しみました。プラザ5階では「赤ちゃんハイハイレ...
20/11/2019

[ 生協こどもまつり2019に250人! ]

11月17日生協けんこうプラザにて「生協こどもまつり2019」が開かれました。

天候にも恵まれ、10時から14時まで、こどもと大人総勢250人が一緒に楽しみました。
プラザ5階では「赤ちゃんハイハイレース」「栄養相談」「フリーマーケット」「ステージ」「あそびコーナー」「歯科コーナー」「小児科相談コーナー」「クイズラリー」「なりきりナース」と楽しい企画で盛り上がりました。ステージの演目が変更になるトラブルもありましたが、大きな事故もなく、楽しい時間を過ごせました。プラザ駐車場の食事コーナーも用意した「うどん200食」と「わくわくカレー120食」が完売しました。

財政不足や準備不足もありましたが、多くの支部、組合員さんや職員さんの協力もいただき成功する事が出来ました。ありがとうございました。

【広島市長へ申し入れ】安倍首相に「核兵器禁止条約」に賛成し、署名するよう強く要望し、今年の「平和宣言」で、そのことに言及することを求めます**7月17日(水)理事会社保平和委員会は広島市長宛に要請文を申し入れました。これは、6月の総代会で採...
23/07/2019

【広島市長へ申し入れ】

安倍首相に「核兵器禁止条約」に賛成し、署名するよう強く要望し、今年の「平和宣言」で、そのことに言及することを求めます

**
7月17日(水)理事会社保平和委員会は広島市長宛に要請文を申し入れました。
これは、6月の総代会で採択された、核兵器禁止条約に「世界で唯一の戦争被爆国である日本政府は反対の立場です。今や世界の流れは対話と外交を通じた平和と非核化を求める方向です。世界の流れに呼応した市民の運動で日本政府の態度を変えさせましょう。私たちは、広島市の松井市長にも、日本が核兵器禁止条約を批准するよう政府に申し入れることを求めます。」とのアピール文を実行したものです。
申し入れには5人の社保平和委員が同行し、広島市の平和推進課 課長補佐の方に対応していただきました。申し入れに伴い、当生協の歴史や平和運動、申し入れに至った経過など懇談も行いました。
**

しばらくぶりの更新となります。今年の梅雨は雨もなかなか降らず心配していましたが、この一週間で一気に降り始めましたね。川の水も土色になっており、昨年の土砂災害が思い返されます。さて、今回の投稿は「第1回福島生協病院の病棟ボランティア交流会開催...
23/07/2019

しばらくぶりの更新となります。
今年の梅雨は雨もなかなか降らず心配していましたが、
この一週間で一気に降り始めましたね。
川の水も土色になっており、昨年の土砂災害が思い返されます。

さて、今回の投稿は
「第1回福島生協病院の病棟ボランティア交流会開催される!」です。

**
7月3日(水)10時より病棟ボランティアの皆さんとの交流会が開催されました。参加者は病棟ボランティア5名。4階病棟管理者3名。事務管理者2名。看護部長と地域包括ケア部2名の13名の参加でした。
 日頃ボランティアさんは一人での活動。スタッフはバタバタ。お互いにゆっくり思いを共有することができないため、この日の交流会という事になりました。
 ボランティアさん5名は、介護保険が始まる前に保健生協で活躍していた「宅老 青い鳥」にも関わっておられた、ベテランのボランティアさんばかりとの事。お話を聴くとそれぞれに工夫をしておられ頭が下がる思いです。
 しかし活動を一人でするのはいろんな制約が(事故にもつながりかねません)…….。複数で活動できるように、ボランティアの輪を広げていきたいと思いますと看護部長のまとめのあいさつでお開きとなりました。
 今後は年に1回くらいのペースで開催することを確認しました。
**

医師不足、地域医療構想について学習! 3月22日(金)社保平和連絡会主催のミニ学習会「医師不足、地域医療構想について」を講師に福島生協病院大野事務長を講師に開きました。 以下、講演の要旨です。** 蔓延している医師不足の中で、医師の長時間労...
30/03/2019

医師不足、地域医療構想について学習!

 3月22日(金)社保平和連絡会主催のミニ学習会「医師不足、地域医療構想について」を講師に福島生協病院大野事務長を講師に開きました。 以下、講演の要旨です。

**
 蔓延している医師不足の中で、医師の長時間労働が常態化しており深刻な状況であるが、国は医師を増やそうとはしていない。「地域医療構想」として、病院を機能分担させ、地域の病床を「調整」という名で削減しようとしている。患者は、「入院、時々在宅」でベッドを削減することで、医師を増やさず、医療費を削減しようとしている。当院としては、医師の確保と養成をしながら、「相談しやすい・面倒見の良い」感じのいい病院を目指したい。また、地域へ組合員と職員で訪問をし、さまざまな声を聞き、問題解決につなげる提案をし、組合員が医師確保と養成に参加する仕組みを提案したい。
**
その後の社保連絡会では、実際在宅で介護している苦労話が出て、税金の使い途を考えて欲しい。選挙でもそのようなことも考えて投票したいとの感想がでました。

3月13日(水)、生協けんこうプラザにて第23回目となる健康づくり学会が開催されました。109名の方にご参加いただき、大変好評な企画となりました。 今年の目玉は、草津病院の精神科・戸谷修二先生にお越しいただき「認知症の見守りと予防」というテ...
19/03/2019

3月13日(水)、生協けんこうプラザにて第23回目となる健康づくり学会が開催されました。109名の方にご参加いただき、大変好評な企画となりました。

 今年の目玉は、草津病院の精神科・戸谷修二先生にお越しいただき「認知症の見守りと予防」というテーマで約1時間半、質疑応答を含め講演を行っていただきました。2025年には5人に1人が認知症になる時代と言われており、認知症の方へも人としての尊厳を持って接することの大切さを学びました。

 その他にも、組合員や職員からの多彩な演題が報告されました。日ごろの健康づくり活動を報告し合うことで互いに刺激を受けることができたのではないでしょうか。2019年度も地域に根差した健康づくり・まちづくり活動を生協一丸となって行っていきたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします!

生協ウォーキングナビ講座 1/28(月)福島生協病院リハビリテーション科科長の竹本理学療法士の指導による、セーフティーウォークナビを使用したウォーキング講座が開催されました。参加者は40人でした。 「セーフティーウォークナビ」は3Dセンサー...
29/01/2019

生協ウォーキングナビ講座

 1/28(月)福島生協病院リハビリテーション科科長の竹本理学療法士の指導による、セーフティーウォークナビを使用したウォーキング講座が開催されました。参加者は40人でした。
 「セーフティーウォークナビ」は3Dセンサーによる歩行時衝撃分析システムで、当生協自慢のけんこうチェック器具の一つです。歩き方の左右のバランスや強さなど歩行状態を瞬時に分析・評価してくれる優れものです。今回の講座は、もっと多くの支部や班で「セーフティーウォーキングナビ」を活用していただき、いつまでの自分の足で歩き続けられるよう、筋肉や関節を痛めにくい歩き方をマスターしていただき、ウォーキング班結成への動機づけにもなればと企画しました。
 講座では、歩き方をはじめ安全に歩くための筋トレや靴のすり減り方から見えてくる歩き方など、ウォーキングにかかわる色々なお話を聞くことができ、大変参考になりました。また、実際に3名の方にウォークナビを装着して分析・評価を行いました。実際のデータを使って、歩き方の改善点などを参加者みなさんで共有し学習しました。

「ほっておかないで!健診結果の異常を 広島民商で学習会」 12/19(水)広島商工会館4階で「健診結果報告書の見方と病院の上手なかかり方」をテーマに講座が行われました。今年度福島生協病院で民商健診を実施された方を対象に講座のご案内し、それぞ...
15/01/2019

「ほっておかないで!健診結果の異常を 広島民商で学習会」

 12/19(水)広島商工会館4階で「健診結果報告書の見方と病院の上手なかかり方」をテーマに講座が行われました。今年度福島生協病院で民商健診を実施された方を対象に講座のご案内し、それぞれの健診結果を持ち寄っての学習会で、参加者は15名でした。講師の福島生協病院健診センターの岡村主任から、健診でも最も多く指摘される血圧や血糖値の異常についてや健診で引っかかった時に注意してほしいことなどお話しいただき、そのあとはみなさんからの質問をお受けしながらの対話形式ですすみ、充実した1時間となりました。

南区支部イオンでサロン!みゆき店で「けんこうサロン」初開催!  12月19日(水)、南区の宇品にあるイオンみゆき店にて第1回目となる「けんこうサロン」が開催されました。記念すべき初回は、安産亭徳丸さんによる楽しい落語と健康チェックでした。開...
15/01/2019

南区支部イオンでサロン!みゆき店で「けんこうサロン」初開催!

 12月19日(水)、南区の宇品にあるイオンみゆき店にて第1回目となる「けんこうサロン」が開催されました。記念すべき初回は、安産亭徳丸さんによる楽しい落語と健康チェックでした。開始30分前から既に人が集まり始め、開始時には23人のお客様と10名前後のイオン社員さんも業務の合間をぬってお越しいただき、賑わいのある雰囲気となりました。
 落語の前後には健康チェックも行いました。イオンみゆき店に常設してある「血管年齢測定機」も貸し出していただき、充実した測定を行うことができました。
 この取り組みは、普段の班会とは異なり不特定多数の方が参加をされるため慣れないことも多いですが、イオンさんの協力や他支部からの応援もいただきながらうまく軌道に乗せて行きたいと思います(^_^)サロンの後は、要員の皆さんと反省会を行いました。

豪雨災害の小屋浦で復興祭~体操・健康チェックで生協と民医連から18名参加~   秋晴れとなった10月20日(土)、民医連が全国支援も受けながら泥出しボランティアを続けた坂町小屋浦地域で「負けんど~ 小屋浦復興祭子ども祭り」が開催されました。...
06/11/2018

豪雨災害の小屋浦で復興祭
~体操・健康チェックで生協と民医連から18名参加~
  

 秋晴れとなった10月20日(土)、民医連が全国支援も受けながら泥出しボランティアを続けた坂町小屋浦地域で「負けんど~ 小屋浦復興祭子ども祭り」が開催されました。企画された方から、復興祭を開催するにあたって、泥出しで活躍してもらった民医連さんには是非とも参加してもらいたいと連絡がありました。10時からのスタートの一番手の舞台出演をということで、民医連会長の佐々木先生の挨拶のあと、笑いケア道場のみなさんによる笑いケア体操と竹本リハビリ科長によるラジオ体操をご披露しました。参加されたみなさんやスタッフのみなさんも、会場いっぱいに広がって、手足を伸ばし大きな声で笑いあい、元気な復興祭スタートを切ることができたかなと思います。
 健康チェックのブースには30名の方が血圧や体組成の測定に来られ、被災当時のことを話していただきながら思わず涙ぐむ場面もありました。突然家がなくなった、工事のめどもたたない、今の仮の住まいは2年で出なければならない、そんな理不尽な思いを吐き出しておられた、そうした吐き出す場が必要、医療生協の出番だと、健康相談を担当していただいた佐々木先生が言われました。改めて、町内会長さん・町議会議長さんと挨拶させていただき、広島中央保健生協として、この地域でも健康づくり・つながりづくりでご一緒に活動したいとお伝えしてきました。

生協こども食堂「わくわくぱーてぃー」は元気に活動しています。かれこれ1か月前のことになりますが…10月13日にわくわくぱーてぃーが開催されました。こどもが15名、ボランティア含め大人が15名、総勢30名の参加となりました。この日は「地球との...
06/11/2018

生協こども食堂「わくわくぱーてぃー」は元気に活動しています。
かれこれ1か月前のことになりますが…

10月13日にわくわくぱーてぃーが開催されました。
こどもが15名、ボランティア含め大人が15名、総勢30名の参加となりました。
この日は「地球との約束」という地球温暖化についてのDVDをみんなで鑑賞しました。その後、地球温暖化を防ぐために自分たちに何ができるかを話合いました。洗顔するときや歯みがきをするときは水を出しっぱなしにしない、買い物のときはマイバックを持参するなどいろいろと意見が出ました。
想像以上に参加者が多かったため、カレーが足りないのでは?と焦りましたが、急遽ボランティアさんが追加でご飯を炊いてくださり、事なきを得ました。
「今日はデザート付きよ~」とすざわ果樹園さんから提供いただいたぶどうもみんなでおいしくいただき、大満足♡
10月7日に行われたこどもまつりに来られた親子や近隣の小学校の生徒さんが友達を誘って参加してくれたり、少しずつですが、地域の方や子育て世代に広がっていると実感でき、うれしくなりました!(^^)!

8月5日 日本生協連主催ピースアクションinヒロシマ「虹のひろば」に参加この「虹の広場」は、「ヒロシマの心を次世代のあなたへ~学び・知り・伝える~」をテーマに行なわれました。前半は、舞台上で松井広島市長の挨拶や被爆ピアノの演奏が行われ、核兵...
17/08/2018

8月5日 日本生協連主催
ピースアクションinヒロシマ「虹のひろば」に参加

この「虹の広場」は、「ヒロシマの心を次世代のあなたへ~学び・知り・伝える~」をテーマに行なわれました。前半は、舞台上で松井広島市長の挨拶や被爆ピアノの演奏が行われ、核兵器廃絶・平和へのメッセージを被爆者そして子ども達と、世代を超えて発信していくようなステージとなりました。 

中央保健生協は、灯篭・折鶴作りのブースを担当しました。折鶴用に準備した友禅千代紙200枚はほぼなくなり、職員の協力で準備した灯篭作り用の牛乳パックもすべて使い切りました。12脚のイスでは足りず順番待ち状態でした。とても大盛況でうれしい限りです!

組合員・職員総勢21名で灯篭・折鶴つくりのお手伝いをしましたが、特に組合員さんは、折鶴班などの日頃の活動の成果を発揮され、熱心に指導してもらいました。

最後に虹のひろばは、生協ひろしま虹のコーラスのメンバーによる「青い空は」などの演奏に合わせ、参加者全員で合唱し、平和への強い思いをともにしながら、フィナーレを迎えました。

住所

西区観音町16-19
Hiroshima, Hiroshima
7330031

電話番号

082-532-1264

ウェブサイト

アラート

Hiroshima Chuoh Helth Cooperativeがニュースとプロモを投稿した時に最初に知って当社にメールを送信する最初の人になりましょう。あなたのメールアドレスはその他の目的には使用されず、いつでもサブスクリプションを解除することができます。

事業に問い合わせをする

Hiroshima Chuoh Helth Cooperativeにメッセージを送信:

ビデオ

カテゴリー

健康・美容事業付近


医療・健康のその他Hiroshima

すべて表示